読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴走自転車のまったりブログ

自分の趣味についてまったり語っていくブログです

ダイの大冒険

前回の記事とだいぶ間隔があいてしまい申し訳ありません。

今回は昔ジャンプでやっていたドラゴンクエストダイの大冒険について感想を書きたいと思います。

ドラゴンクエストと言えばみなさんもワンシリーズはプレイしたことがあるんではないでしょうか?わかりやすく言えばそれをオリジナルのストーリーでマンガでやっている感じです。呪文などもゲーム道理の物も多いですが、マンガならではのオリジナルの物もたくさん出ていてワクワクさせられます。『アバンストラッシュ』や『メドローア』など小さい頃やっていた人も大勢いるのではないでしょうか?絵も美麗で王道の冒険物のマンガです、一度は手にとって読んで欲しい名作です!

 

 

ここからはネタバレありで感想を書いていきたいと思います。

小さい頃読んではまってしまい今まで何十回と読んできましたが僕の一番好きなキャラはやっぱりポップです。ポップの名シーンと言えば多々ありますが個人的に一番好きなのはアバンの印が光らなかったところです。今まで最初は逃げこそするものの勝負所ではしっかり決めてくれるという印象がありました。けれどもバーンパレスに突入する最後の決め手というところで逃げてしまおうとします。そこでメルルの助けをかりて弱い自分と向き合い本当の勇気を手にして覚醒するシーンには感動させられました。正直ポップの周りには天才が多すぎて自分のことを低評価してしまうのも仕方ないかもしれませんね。そして今回紹介したいのはあまり有名ではないのですがとても好きなシーンです。

f:id:hyunnkeruu83:20170114011626j:plainこのシーンを見てダイのずっと隣にいたポップの魂の力が勇気なんだってことに納得がいきました。子供に読んだときは純粋にワクワクして読みましたが大きくなってから読むとまた違った考えさせられるシーンがたくさんあり読むたびに驚きます。

作者、読者、登場人物が全員読みながら、作り上げながら成長することができるジャンプ史上屈指の名作です、ぜひみなさん読んでください!